マイナンバーカードとは

マイナンバーカードとは

いよいよ、話題のマイナンバー制度が始まります。これは、私たちの住民票がある場所の市町村長が住民一人一人に個人番号、つまりマイナンバーを割り当て、その番号を税金や社会保障に関する個人情報と結び付けることを意図した制度です。政府はこの制度により、情報管理を効率的に行えるようになるということや、様々な行政機関同士での連携を確実かつ迅速に行うことが出来るようになると説明しています。
私たちそれぞれのマイナンバーは平成27年10月以降各市区町村から送付される通知カードで確認することが出来ます。
さらに平成28年1月以降、市区町村に申請すると、この通知カードと引き換えにマイナンバーが記載されている個人番号カードを受け取ることが出来ます。では、この個人番号カードとは何でしょうか。
簡単に言うと、このカードは表面に個人情報が記載され、裏面にはマイナンバーの記載と共にICチップが付けられており、身分証明書として用いることが出来るようになっています。この表面に記載されるのは、氏名、性別、生年月日、住所の基本4情報に加えて顔写真です。また、裏面のICチップには表面に記載される情報の他に、総務省令や市町村が条例で定めた事項が記録される予定ですが、プライバシー性の高い税金や年金に関する情報は記録されませんので、カードを盗まれたり落としたりしても重要な個人情報が漏れる心配はない、とされています。
個人番号カードの取得は任意ですが、顔写真のない通知カードとは異なり身分証明書として利用できるなど利便性を考慮してなるべく取得するように勧められています。
この個人番号カードの有効期限は、20歳以上で10年、容姿の変化が著しい20歳未満の場合5年となっています。
身分証明書としては使えない紙製の通知カードとICチップの付いた身分証明書としての機能を備えた個人番号カード、それぞれのメリットとデメリットを考慮して、どちらにするかよく考えたいですね。"